三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA審査

三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA審査のポイントだけでなく口コミ・評判や対象、年会費の仕組み、保険システム、特典、ポイント、利用可能枠、マイルや還元率、審査の時間、申込スピードなどのポイントを紹介。

住信SBIネット銀行 三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードAの審査の口コミ・評判まとめ

三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードAなら、高校生を除く18歳以上で、自身に安定継続収入の人やバイト・派遣・パートの人、また自身の配偶者に安定継続の収入がある人が申込できる!{最短1週間でカードをお届け。この1枚で世界が広がるスタンダードなカード。不正の利用、盗難・紛失、旅行傷害などの保険を完備。使用のに応じて、ポイントが貯まる!旅行等の傷害保険(死亡・後遺障害の場合)は海外と国内ともにMAX2,500万円、カード利用可能枠は10万〜80万円。ショッピングガード保険も年間最高100万円が用意しています。!!


三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA審査のポイントだけでなく口コミ・評判や対象、年会費の仕組み、保険システム、特典、ポイント、利用可能枠、マイルや還元率、審査の時間、申込スピードなどのポイントを紹介。

三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA詳細

住信SBIネット銀行Mr.カードローン●クレジットカード名
三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA


●種類
@三井住友VISAクラシックカード
A三井住友VISAクラシックカードA
※@は「三井住友VISAクラシックカード」、Aは「三井住友VISAクラシックカードA」を示す(以下同}


●カードフェイス
シルバーデザイン


●利用できる方
満18歳以上で、本人に安定した持続収入の方やバイト・派遣・パートや学生の方、また本人の両親に月毎定期収入が入ってくる方。


●年会費
@クラシックカード
・1,250円(税別)
※初年度の年会費無料。
・家族会員:400円(税別)
※お1人目初年度年会費無料。
AクラシックカードA
・1,500円(税別)
※初年度の年会費無料。
・家族会員:550円(税別)
※1人目初年度年会費無料です。


●海外旅行などの傷害保険
@クラシックカード
MAX2,000万円
・傷害治療費用(1事故の限界額):50万円
・疾病治療費用(1疾病の限度価額):50万円
・賠償責任(1事故の限界料金):2,000万円
・携行品損害【自身負担:1事故3,000円(1旅行中または1年間の限界額)】:15万円
・救援者の費用(1年間の限度料金):100万円
※前々から旅費等を当該カードで支払いをすることが前提です。
AクラシックカードA
MAX2,500万円
・傷害死亡・後遺症【自動付帯分:最高300万円/利用条件分:MAX1,700万円】:合計最大2,000万円
・傷害療治費用(1事故の限界額):100万円
・疾病治療の費用(1疾病の限度代金):100万円
・賠償責任(1事故の限界額):2,500万円
・携持品損害(自身負担:1事故3,000円)(1旅行中もしくは1年間の限界代金):15万円
・救援者の費用(1年間の限度代金):100万円
※傷害死亡・後遺障害補償は、事前の予てより旅費などの当該カードでの支払有無によりMAX補償額が異なる。


●国内旅行などの損傷保険
@クラシックカード
なし
AクラシックカードA
最高2,500万円
・傷害死亡・後遺症【自動付帯分:最高300万円/利用条件分:最大1,700万円】:合計最高2,000万円
・入院保険金の日額:事故日から180日限度
・通院保険金日額:事故日から180日以内、90日限度
・手術保険金:1事故につき1回の手術(保険価額=所定の倍率×入院保険金の日額)に限る。


●ショッピングガード保険
@クラシックカードAクラシックカードAともに最高100万円
※海外での利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)のご利用のみ対象。


●利用可能枠
@クラシックカードAクラシックカードAともに以下の通り
・総利用枠:10万円から80万円
・カードの利用枠(カードショッピング):10万円から80万円
・リボ払い・分割払い使用枠:0円から80万円
・キャッシング使用枠:0円から50万円


●支払い方法
1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
※支払方法は、利便なリボ払い「マイ・ペイすリボ」を推奨します。入会時に「マイ・ペイすリボ」を指定になると、各種特恵がある。
@1回払い:締切日の翌月にお支払い。手数料は不要。
A2回払い:締切日の翌月と翌々月の2回に分けてお支払いいただきます。手数料は不要。
Bボーナス一括払い:夏もしくは冬のボーナス月に一括でお支払い。手数料は不要。
・夏:12月16日から6月15日の利用金額を、8月の支払い日に支払。
・冬:7月16日から11月15日の使用額を、翌年1月の支払い日にお支払い。
※加盟店によりお取り扱い期間が異なります。
Cリボ払い:利用の件数や額にかかわらず月々の一定金額に分割して、月々の支払い日に支払い。手数料は要。
D分割払い:利用の金額と手数料の総計をのご指定の回数に分けて毎月の支払い日に支払いいただきます。手数料は要。
※2回払いとボーナス一括払いは取扱い加盟店が特定されるので要注意ください。
※分割払い・2回払い・ボーナス一括払いにつきましては、1万円以上の買物から利用できます。(加盟店により取り扱い額と期間が異なる場合がある。)
※リボ払いのご利用枠を超えて利用の場合、超えた分については1回払いでの支払となる。


●お支払い日
15日締めの翌月10日払い/月末締めの翌月26日払い。
※選択可


●ポイントサービス
カードの利用額に応じてもらえるポイントを貯めて、景物との交換やほかのポイントプログラムに移行することができるサービスです
・ワールドプレゼント:1,000円(税込)利用で1ポイント付与
※独特のポイント制度を実施している提携カード、または一部の法人カードなどはワールドプレゼントの対象となりません。


●電子マネー
・iD
・WAON
・PiTaPa
・Visa payWave


●追加可
・ETCカード
・iD専用カード
・iD一体型
・PiTaPaカード
・バーチャルカード
・WAON
・家族カード
・Visa payWave


●その他
※カードショッピングのリボ払い・分割払いはカード利用枠の範囲内で弊社が指定します
※貴方のご希望をもとに、キャッシング利用枠の範囲内でキャッシングリボ・海外キャッシュサービスの利用枠を指定いたします。ただし、利用枠の減少額あるいは設定をことわる場合がある。
※三井住友フィナンシャルグループカードを複数枚(VisaとMasterCard両方等)お持ちになる場合、カードのご利用枠は三井住友フィナンシャルグループが定める総利用枠を超過しない範囲といたします。
※PiTaPaを同時で申込みの方は、PiTaPaキープ管理料金はクレジットカードの年会費とは別です。また、PiTaPaカード利用は年会費の割引き条件の「カード利用」の対象になりませんので注意ねがいます。
※初年度年会費の無料は、2016年3月31日までにインターネットから申込した方が対象となります


●信用情報機関の名称・住所・問合せ電話番号・ホームページアドレス
◆全国銀行個人信用情報センター
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1
TEL:03-3214-5020
ホームページアドレス:http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html

◆株式会社 日本信用情報機構(略称JICC)
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町41-1
TEL:0120-441-481
ホームページアドレス:http://www.jicc.co.jp/

◆株式会社シー・アイ・シー(CIC)
〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウェストビル 15 階
TEL:0120-810-414
ホームページアドレス: http://www.cic.co.jp/


※必ずお申し込みになる本人の方がご入力ください。ご入力内容をもとに所定の審査のうえ、入会手続きをします。
※カード発行手続に際し、自宅またはお勤め先に連絡することがあります。
※本サービスの申込み受付は、日本国内に居住し、三井住友フィナンシャル・グループの提携する金融機関にお支払い口座をお持ちの方に限る。
※年末年始およびゴールデンウイークなどの大型連休は、カードお届けまでにお時間がかかる場合があります。
※運転免許証または運転経歴証明書の交付がある人は、運転免許証または運転経歴証明書での本人確認が必要になりますので、必ず用意ください。尚、運転免許証もしくは運転経歴証明書の交付の有無が確認できない場合、お電話で確認させていただきますので承認ください。
※当社へ送届けた書類は返却できません。
"

 

住信SBIネット銀行Mr.カードローンTOP

 

 

{まずは自身の信用情報開示で{自分の状態を確認|信用情報を確認すれば審査に落ちにくい時期がわかる!

住信SBIネット銀行Mr.カードローン カードローン利用の審査では、申込者の信用情報が請求されることははご存知でしょうか?
しかし、自らの信用情報がどのようなことになっているのか、知りたいと思いますよね。

実は自身の信用情報は、信用情報を保管している会社に請求すれば見ることが可能なのです。
そういった意味で、自分の信用情報を最初に{知る|確認することが{審査{に落ちない|をパスする|貸付]を受けるためのウラワザと{も言えるでしょう|言っても過言ではありません。

日本における個人信用情報機関は、主に「全国銀行個人信用センター(全銀協)」「日本信用情報機構(JICC)」「シー・アイ・シー(CIC)」の3つです。
3種類もあると、どこに開示請求すればいいの?となるでしょうが、この3つは各自、申込をしようと考えているクレジットカード業者が使っているところで選ぶのがいいでしょう。
心配であれば、複数に開示の申込を行っても問題はありません。

開示の請求方法としては、郵送とインターネットから、または実際に信用情報機関に出向いて行います。開示の申込方法に関してや必要書類は各信用情報機関の解説をご覧ください。

さて、見ることのできる信用情報は大きくわけると、氏名や勤務先などの「本人を識別するための情報」、申込の事実や延滞・自己破産などの事故情報といった「支払い状況に関する情報」の2種類で、融資において重要なのは後者の「支払い状況に関する情報」になります。
ですので、開示した信用情報が到着したら、この「支払い状況に関する情報」の部分を見れなくなりますので、融資を受けられる確率があがりますよね。
こういったふうに、審査の時期の目安ににもなりますので、確認してみるのも1つの方法です。